最近

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか?たまにはコメントとかもしてみては?

最近・・・

君の名前で僕を呼んで」という映画を見た。

 

感想///

信じられない程、傑作だった。観終わった後、なんだかすぐに家に帰れる気がせず一人でぶらぶらと飲み歩いていた。

音楽、衣装、南イタリアの柔らかい日差し、滝、滴る果実と水・・・、緊張した全ての感覚を柔らかく刺激して止まない。
撮り方や構図がなんだか普通の西洋映画とは異なる、ホウ・シャオシェンとかアピチャッポンを想起させるような建築的志向を感じたのだが、撮影監督はアピチャッポンの撮影監督もつとめるサヨムプー・ムックディプロームということを後で知った。

恋に落ちていく過程のリレーションシップが細部まで観察され、極めて精密に描かれている。現実とは違う速度を用いることで乱暴に編集してしまう、フィクションが時折もたらしかねない危なっかしさはここには無い。そして、それは現実ともまた違った色合いを映し出す。思春期の少年の、短い夏の行為の刹那性をあらゆるファクターが切り取る。

この映画は欲望に突き動かされたロマンスだけを描いているのではない。恋人同士の関係にとどまらず、親と子、自身とその不義理から傷つけた女性、、、人と人はどのように向き合い、そしてまた歩を進められるのか。むしろ、欲望から発生する選択を常に迫られ疲弊する人々に一縷の示唆を与える。

食事をすること、セックスをすること、自慰行為に耽ること、それに悩むこと、家を出て旅をし、美しい景色を見ること、踊ること、酔うこと、眠ること、別れること・・・このような行為に欲望を覚えるのは人間だけだ。それは、時としてダーティであるが同時に奇跡的で美しい。

///

刻まれるような記憶はここ数年ないし、今後もフェイドアウトであるわけであり、エモーションに駆られたい、と。そして当たり前の人間の欲望を整頓せずに従順するようにしようかなと思った。外部の無意識的抑圧から、ハスりがちになっていたけれどそういう人間じゃないのを思い出したからもうどうでもいいや。

今年の夏は楽しく・・・というかなんか自分の性格を少し変えたいなと思った。何が自分にとっての幸福かとか気の合う人が・・・とかそういうふるいが出来上がってしまっていてそれに退屈してるここ2年間だなと。完璧に自分であり続け、自我の安定に飽きた。失恋したいな。もしくは自分のインナーワールドにより向き合う作業をしたい。知識が必要だ。

この前はライブした。内容はわりとよかったみたいで何より。とりあえず、現状これがいいなと思うことはやり終えたし、それ通りのリアクションもあったのでしばらく一人ではライブはやらない予定。映像を撮るとかはいいかもしれない。

 

前の会社の同期から連絡があって遊びに行って映画を見て、新宿で飲んだ。楽しかった。

 

夏が来た。暇だ。

 

俺には若返りデトックスは必要ない。

周りには適当なこと言うやつしかいない。安い厭世観。モテたいか?頑張りなさい。俺らは嘘つきだよ。そのことすら分かってないやつらがまだ一定数いる。23にもなって。だから俺は一生シリアスにならない。明るい会社の同期より、友人の方が見ててイラつく。興味が湧かない。貯金して歯列矯正をする。認められたいか?俺には必要ない。I just want to be more good.俺のためだけ。所属する会社。ステータスは何も意味しない。何を思った?本当は 俺は知ってもらいたいだけだ。俺の存在を、じゃない お前が欲するもの それが安いのか高いのか知ったとき俺は今までの基盤を壊されてマゾヒスティックな快感に悶えることになる。いとも簡単に人は落涙するという事実を知る。 

 

性格が悪いと自称する奴は、性格ではなくて頭が悪い。

そこまで好きでもない人間に誘われて、普通に行くっていう人は結構周りにいて驚くのだが何がしたいのかさっぱり分からない。いい人だからというのはまあともかくとしてそんないい人のために時間を割くなんて君はもっといい人だと思うね。そしてそれが いい ことなのかと0.02秒でまた思うね。

 そんでもってその帰りに愚痴ったりするのはもっと分からない。行くかどうか選択したのは自分なのだから、そのつまらなさの要因が他者のみにあるとは思わない。

 思ったり、思わなかったりしたわけだが、自分の忠義に動かず衝突を避けたり、何か別の効果をこっそり狙おうとしてる姿は全くもってだらしないものだと俺はまた思ったのだった。要件は早く簡潔であるほど助かるし、他人に判断を委ねるのならばくだらないジョークを言わないで早くそう言ってくれればいいのにとよく思う。まーでも俺も同様のことをしてるんでしょうね、してないと思いながら書いてるけどね。複雑そうな面構えをしてるけど、特に難しいことを考えたことがないよ。

 何遍も言うが、他人が楽しそうにしててもそれは何も意味しないし、同時にそんな大勢の他人が楽しそうにしてるもの(including Me and You)は大抵くだらないジョークや噂話か昔話か安酒とあるのかないのか分からない料理でそんなものに惑わされたり、苛立ったりするのは時間の無駄である。俺の目には映らないし、耳に届かない。これが映ったり、届いたりする人と俺の違いはなんなのだろうか。

 ちなみにこれといって俺は何も極めてない

 

 

 

 

 

  

母と父の子

4日前

面接。虎ノ門ヒルズで父と食事。家以外で肉親と会うのがどうも嬉しくてテンションが上がる。帰りは新宿で「彼の見つめる先に」というブラジル映画を観る。しょっぱなが夏休みのプールのシーンでさっきまでの新橋〜新宿までの喧騒から解き放たれる。これだから映画館は好きだ。内容は盲目の男の子が転校生の男の子に恋をするというポリコレ的に低評価をつけづらすぎる作品。いや、普通に青春でとても爽やかな一作でした。

が、盲目の子が裸になって転校生のパーカーを着て自慰行為に耽る描写があり、ここだとなにかロマンティックな感じがするのだが、これを俺が転校生の女の子のパーカーを着てやったらどう考えてもあのシーンはいらない、キモすぎるとなる気がして結局それってなんなのだろうという憶測がよぎった。作品とは関係のない発想だが。

Kevin Abstractを聴きながら帰る。

一昨日

タマンくんに誘われて、タマンくんとバンドをやっているガブリエルさんとその友人一行と代々木公園、下北沢で飲んでいた。

英語でのコミュニケーションに一抹の不安があったが、自分との会話においては全く困らなかったというか困るとかそういうフェーズにすらなかった。冗談の形とかがこれであってるのかは笑ってほしい場面で笑ってくれたけれど不明。海外の動画とかで見てみようかな。英語話者同士の会話はなかなかついていけない。

 根岸が酒explodeやっててなんとなく懐かしかった。

 向井秀徳が自転車に乗ってた。

 終電で帰宅。ラーメンを食べた。雨は降っていたが気持ちのいい日だった。なんなら雨でも降っていた方が自分に合っているというか晴れの日だと何かしなくてはと焦る。

昨日

小野と湘南台のサウナ。その前に彼がスニーカーの付き添いで横浜に連れられたのだがやはり幼稚な都会より呆けたこちらのが落ち着く。かなり長居したが常に最高を更新し続ける。ちびまる子とかサザエさんがやっていて、外気は気持ちのいい寒さで、嫌なことが一つもなく、小学校の頃を思い出した。小学校の時の日曜日は大体塾に行っていて平日よりも早く終わるので、18時台の番組(前述のもの)を見ていた。なんとなく家全体もやはり日曜日は安穏としていて試験などで怒られることもあまりなかったと記憶している。

 全ての音にリヴァーブがかかる。

小野が通信切れてるのに1分に1回スマホ(Twitter)見ててキモすぎると思った。

今日

帰宅してからビート作ってた。昨日の反動からか眠い。バッシュを買った。転職の人と話した。最近は毎日ableton pushのチュートリアルを見ている。もっとやりたいことができる時間はたっぷりあるはずなのでちゃんとする。母と父に育てられて良かった。

休職した友人がSaluの Life Styleをシェアしていた。自分はこの曲に勇気付けられて会社を辞めた。ヒップホップはインディーよりもダンスミュージックの側面、ライフハックという実用の面でかなり機能性が高い。高すぎるあまり最近トラップしか聴いていないので、豊穣でアレンジなど考えられた作品も定期的に摂取している。

時に花薫る

最近は・・・

社会へ出た友人と渋谷の中華料理屋で飲んだがイラついている様子だった。湘南ライナーの利便性に驚く。

この前はcontactでライブ。友人も来てくれた。コミュニケーションの枯渇の話をした。さてどうなることやら・・・。ライブとしては場のロケーションもあって微妙・・・。その後の打ち上げにも参加したのだが、いろいろと面白い話も聞けたし音楽への実直さに私の背筋も伸ばされる気分だった。あのときは心に青い風がすり抜けとても気持ちがよかった。久々の渋谷の朝日を浴びながら、気持ちよく帰宅して爆睡。これからのことをしっかり考えようと思えてよかった。

土曜日は爆睡して過ぎた。

日曜日は友人と約束があったがこれまた爆睡してしまった。申し訳ない。寝過ぎであることを猛省し、やろうと思った事は極力やることにする。昨日から調子がいい。やっぱり新しい人や久々の人に会うことは相当健康に良さそう。

月曜日は気になっているところでの面接。徹夜。いきなり英語での自己PRとなり、大泣きする。英語の重要性を身にしみて痛感。大船人達と鳥貴族。情報を交換する。外部の創作行為へのモチベーションがまだ存続していることを確認し、帰宅後ひっそりとラジオ企画を練る。

火曜日は大船で小野と作業。8時起き。小野の英語の発音は絶望的。また一個履歴書を出す。茶番は好きじゃないので17時に帰宅。即、寝る。

今日は8時起き。落ち着いてる。CQ Crew「昇華」MIX中。買った1980円のオーテクのイヤホンの絶望的な質の悪さに舌打ち。

この前の音楽体験もあり、今後ラップアルバムを録る際に作ろうと思っているビート・ラップの雰囲気のレファレンスをここに併記する。

 

自分のことが他人より好きならば

ぶっ壊れた生活リズムのせいで呆然とした脳で、犬ののんきないびきを認識しながら書いている。面接ラッシュが終わってひたすらにチルっている最近。会社に通ってた頃はぐうぐう寝ている犬が羨ましくてしょうがなかった訳だが、俺は今まさに望んだそれである。どう考えてもこちらのがいい。

 今日は入社式だが、死ね以外の感情が特に思い当たらない。そして、今後自らの意志で選択を続けない限り、ほぼろくなことが起きないぞと警告をしておく。いや、単に自分がどうしようもないほど不真面目なだけだが、誰が嬉々として9時に来て21時に帰る生活を期待しようというのやら。さして興味の無い仕事で疲弊するくらいなら死んだ方がましである。大体、一般の人ってのは何に興味があるのだろう?インテリ学園出身の自分だが、同級生はみな揃いも揃って、銀行か保険会社に行った訳だ。

 働きに出る友人も多いわけだが、みなどういう生活を送ることになるのか、どういうことを喋り出すようになるのか、自分とどういう関わり方になるのかあまり想像がつかない。実際、自分の時はどうだったかというとあまり変わらなかったと記憶している。実際社会人生活というものは予想通りでしかなかった。

 昨日はアルバムの録音をしていた。おそらくすべて録り終わったようだが、二度と聴きたくない。不満などは多いにあるので、もし次があるならばTEAM TOMODACHI 皆で何かつくるような動きが出来たらすごい良いと思う。

 それをサポートする意味でも、自分というよりは何かしたい友人のためにビートとか音楽を作れたらいいと思った。何かしたいけど疲れたくない人も大勢いるからそれがどうなるかは分からない。

 

 こじはるの好きな所は空気が読めなさそうでめちゃくちゃ読めるクレバーさを持っていること・不幸を露出することが迷惑をかけることを知っていること・文化感度の高さ・自分が何を出来るのか知っていること・

振り返ろう。

僕はこの前3回の面接を終え、雨の新橋駅でタバコを吸っていた。頭ではごまかしながらも、やはり疲れていた。受かりたいというより終えればいい、という気持ちで面接へ向かってうまくいくことはそう多くない(が、まあやり過ごせるし通ったりもする。)

 前に友人に薦められた「アイドルキャノンボール」が今日まで上映という事実を思い出し、インターネットと乗り換え案内を駆使する。席の確認をしようと適当なビルの下で電話をかけることにしようとした時、隣に見覚えのある顔が。前職の同期の友人である。彼はいろいろトラブっていた当時の自分にLINEでメッセージを送ってくれた心優しい人間だ。

 お互いびっくりして、聞くと先ほど研修が終わったらしいので近くの居酒屋で飲む事にした。こういう時に気まずいような素振りを見せるやつはろくでもない。彼はそういった意味でとても信用が出来る。偽った現状を伝え、向こうの現状を伺った。最近配属が変わったらしい。

 配属が変わるということは当然、時が経過した事実を知らせる一つのアイテムだ。「ははあ」と僕は思い、この場で偶然会えたことが嬉しくなり、そう伝えた。彼が僕が辞めたことは驚いたらしい。それもそうだ。彼からしてみればあまりに突然だった。僕からすれば毎日のように温めていた計画だったが。

「〜はまじで一番面白かったからなあ。変だったけど。」と言っていた。その通りだと僕もうなずいた。そういういろんな人を許容出来る力が彼にはある。

映画の時間が迫っていて僕らは別れた。貴重でいい経験だった。そのあと、僕はむしょうにテンションが上がり、***に行き、その後映画も見た。

///

幡ヶ谷forestlimitで友人達のバンドのライブを見に、マサカーへ。楽しかった。久々の友達にも会えた。酒をがぶがぶ飲んだがあまり酔わなかった。

///

前のforestlimitでのライブを見てくれた人がきっかけで、また今度ライブをする。良くて誘われるのはいいことだと思った。最近、周りに恵まれてるなと少し思った。

///

大船で集まり、いろいろ話したりした。結構群れてると一緒に曲作るモチベーションも湧く。友人宅で泊まって帰る。つかれるような予定が先にもないので気楽。

///

anone最終回

///

Netflixで「ブラック・ミラー」にハマる。 

///

XXXTentacionの新譜!最高!

///

こんにちは

ちょっと和訳サボってたんですが特にインプットが無いというのが問題だったので、分からなかった単語をルーズリーフに箇条書きにすることでまた再開すると思います。

最近は、2回ライブしました。

1回目が下北沢three。

threeの時は、結構いい感じ、というかバンドの中でああいうのをやるのがわりと苦じゃないというか(バンドの方が音が大きいし、ダンスミュージックとしても機能性に欠ける)のでわりとノリノリで出来ました。まさにinterludeしてくれって感じで。結構よかったみたい。

2回目が幡ヶ谷forestlimit。

マサカーはわりとダンスミュージック寄りな部分があってなかなか大変。特に前の子がしっかりとしたDJなのもあって、音楽的にそういう部分につなげられないので申し訳なさとそれに同期する居心地の悪さ(申し訳ない場面では謝って、いなくなればいいんだけどライブはそうもいかない)で終始下を向いていた。けれど、今思えばわりと褒めてくれたり、声をかけて下さる方が多くて意外とよかったのかな〜と思ったり。マサカーに行くと毎回新しい人と知り合えるというか加藤さんが紹介してくれるのでとても嬉しい。

 わざわざ来てくれた友人と隣の喫茶店「ぽえむ」(日本で最初の喫茶店チェーンらしい、雰囲気も良くておすすめ)でまた悶々とchillしてなんもできんかった〜と自己嫌悪に襲われ早々に帰宅。サニーデイサービスの新譜を聴いていた。あ〜わりとこういう色々がやりたいんだよな〜と思った。あと何より歌ってるのが好きだから、そういう音響空感に歌があったら相当いいな!と気付く。

 

・お菓子類はたまに買って食べるとめちゃくちゃうまい。

・新しい人に会うと本当に知らない世界が見える。

マサカーの日に何個か映画館渡り歩いて、イーストウッドの新作「15時17分、パリ行き」を見ました。「アメリカン・スナイパー」以降、史実を元にした作品作りにフォーカスを当てるようになったイーストウッドだけれど、今回は実際の現場の人まで主演としてキャスティングしている。つまり本当に「再現」な訳だ。その試みはなにを持ってされているのだろうか。イーストウッドは物語というより、決断をした人を物語という枠内で鑑賞者が収める態度に絶望を覚え始めてるのかもしれないと妄想した。そして、人は決断出来るということを伝えようとしている気がする。

最近は面接が増えてきてる。あとようやく行きたいと少なからず覚えるところに立て続けに連絡が来てうれしい。がんばるぞ。

「anone」9話やばい・・・。頼む、全員幸せになってくれ・・・。あの脚本は別に必要ないだろ、話し合いで解決するだろと思いつつも広瀬すずタソの演技がよかったです。前より変に周りの目を意識した色気が無くなってきてると思う。