お久しぶりです

 また、風邪をひいた。会社は絶対に何らかの菌を培養するコンディションだと思います!!!!何か作るときはSNSを見ない方が良いと思う。全てがSNSでは笑い事になってしまうんだよ、本当に。人が作ったものを陳腐にする。

 

 この前は台湾でライブ。楽しかったけど、飛行機逃したりで疲れました。日本に行く外人になりたい。現地の人とたくさんお話しできて、楽しかった。レコ屋の人は本当に親切さが湯気のように出ていて、深夜3時に、手配してもらったタクシーに乗り込むときは何だかウルルン滞在記のようで泣きそうになってしまった。また来ます、と誓って握手をしました。話を聞いていても、台湾は日本以上にオルタナティブなカルチャーの受け皿がないらしく、そんな場所でああいうレコード屋をやっているのはすごいなと思いました。それに湯気の優しさが加わっているのが。音楽がみんな好きなんだな〜というの当たり前のことを、先行一車で静香のアルバムを聴きながら思いました。

 

 友達がシンガポールに転勤するみたい。悲しい!1年目とかってのは結局遊びだと俺は何回も言ってきたけど、本当にこういうことで、色々身の振り方みたいなのも考えていかないといけないってことですよ。ともかくそれぞれがそれぞれのステージで頑張っていると分かるのはすごく良いし、悲しい!と思えるような形成の仕方をしていたんだなと自覚。そして、そういう間柄はなかなか他の人にはなく、屈強な根となっていくのではないでしょうか。やれるうちにやっていかないとですね。

 

 会社にmac買ってもらった!macを使って、macの代金を返せるように頑張るぞ。

人だけはまじで信用も期待もしない方がいい

 まじで。何もできないから。ハッタリかましているか笑いのセンスがなくて構って欲しいだけだから。すぐに帰った方がいい。お父さんの前で自作の歌を歌ってみよう。シャウトしながら。そこが君の居場所だったのだろうか。僕も一度行ったけれどトイレは汚れて、中はタバコの臭いで充満していて、会話は聞き取れなかった。みんな所在なさげにスクリーンをスクロールしたり、右に行ったあと人混みをかき分けて左にも行った。彼らがいつ帰ったのかは知らない。どんな顔で何を思い朝日を見て帰ったのかは知らない。

 スクリーンをスクロールしたのかもしれない。上下上下上下。20mm×43mmをスウィング。流れている音に合わせて腰を揺らした。どんどんダンダンダン。最初の10回くらいは調子が良かった。奇跡かとすら思った。10回目以降からは、まるで電車に揺られているような気分になって落ち込んでやめた。

  あそこの席にいる鬱病を声高に主張した女。今は夫の給料がその役割を果たしている。昔の写真であればあるほど彼女は綺麗になっていった。みんなの顔は等しくU字の唇と目をして、みんなが囲んで筋肉で1つの彫刻のデッサンを描いているようだった。  

 ガスバーナーでべっこう飴が出来てそれは化石のように綺麗だったのに、あの人が増えると急に大声になる河合塾の浪人生達はその透き通る美しさを理解しかねた。コンクリートにそれを乗せ、アリが近寄ってくるのを1時間授業を受けて楽しみにしていた。1時間もすればべっこう飴にはアリが群がり、彼らはその群れに水をかけたりライターで焼いたりすることに熱中した。今じゃ彼らは銀座線にアリのように群がり、アリのようなスーツを着て、アリのように太陽に焼かれている。ありのままに、ではない。真面目なのか不真面目なのか判断しかねる表情で、空の様子を気にして酒の雨をずっと待っている。

 

父親は寝言で、苦しそうにいなくなってしまった家族の名前を連呼するし、母親は泣いている。 夜は不可逆を実感させる。