ビートに合わせた書いた歌詞 無題

 

 

 

最近何してる?どうでもいい

友達やりたがるLSD

ついていけないその変なノリ

その間俺ならmake some shit

素肌で感じてるベロア生地

海 風 talking 合意

無になり 振り返り

繰り返し気づく 誰もいないthis地図

あの時の俺はたぶんニヒリスト

昔あの人言ったことが今分かり

あの船が見えなくなるまでここに

もう少しの間くらい佇んでいたい

 


浜辺歩いてたら急に

それでも気にしていないフリ

鎌倉で眠くなるまで吸っていたんだったあの朝は

 


いつ 僕らは会えなくなるの

sink 落ちてゆくまた夜の方

きっと 気づかぬふりをしてたんだろう

1分 1秒過ぎていくそれだけのこと

 


ふとした時に夢から覚めた

もうあの人にも会えなくなった

why 3文字 ずっと俺の頭の中にfamily

サックスの音でふと涙一滴

行ってきますって呟いたあの時

濡れて使えなくなった100円ライター

すべて溢れることなく続くスパイラル

 


don't look at me don't look at me

話すべきことが

ほかにあった気がした

あの頃に あの頃に

この音が鳴っている間は

時間をrewind that

 

浜辺歩いてたら急に

それでも気にしていないフリ

鎌倉で眠くなるまで吸っていたんだったあの朝は

 


いつ 僕らは会えなくなるの

sink 落ちてゆくまた夜の方

きっと 気づかぬふりをしてたんだろう

1分 1秒過ぎていくそれだけのこと

 

 

Shadow という曲の書いた歌詞

静寂の中でこそ際立つ 文字と声

願い、祈り=無数の星 「もうちょい上の方へ」

徹底したスタイルにはsoulが宿る

経験した不安 into the 走馬灯  

Local Boys

Rolling on Dope

Morning callには出れそうもないTonight

孤独と交わすトーク

dustから拾い集める いつからかの習性

中継ここ大船 桃のようどんぶら 


遠くはない明日 

ティラノザウルス みたくfast

かじるfruits

見てるview

ふとした拍子に振り返る

coast to coastよりfeeling like a ghost

衣擦れの音

犬連れたあの子


完璧でないものにつきものの倦怠

切ない原理に尖らせる神経

1人こもり獲得するエクスペリエンス

一体何がこの俺をエスカレートさせる

ポストコロナ

1.一人でも大丈夫な感じで金を稼ぎたいという思いが最近出てきた。ラッパーになって、役者活動、時々のバラエティ出演、レギュラーのラジオ、書籍販売。女優と結婚。

 

2.今の仕事を辞める時、東京じゃなくても気軽に暮らせるような胆力とコネクションが欲しい

 

3.いわゆる基礎体力的部分とも言い換えられる。なんだかんだ今は2つ目の職業だ。コロコロ変えるのは嫌なんだが、恐らくコロコロ変わるだろうな。とりあえず、毎回言ってるけど英語で。そういえば前の転職の面接の時はフィードバックで自信なさげな様子とか書かれてたな、うるせーな、どうでもいいんだよ。

 

4.一生ビビらないで暮らしていきたい。俺の願いはそれだけ。

 

5.ビート作り続けると思う。他にはないかつオリジナルなんでしっかり「売って」いきたい。金にならないなら究極しょうがない。友達ともいろいろ組んでやり始められる土壌ができてきた。

 

森 という曲の書いた歌詞

rolling on fridayから至るいま

過去に思い馳せ恥じる時また見た

またたきの間に

陽だまりのあの時 

仕方ないと思い外で茶飲み

ここまで長かったが 終わりが来た

揺れてる吊り革眺め ふとそれ知った

みんな元気東京 今天にgoes on

あの時の味あの時の匂い衝動 

ストレストラブル 全てstory

神はまるでカメラのようにno mercy

家族の結婚式にはHawaiiでfloating

俺の誕生日なら10月12


失った時間を取り戻してみても

きっと俺はまた無駄にするだけだろう

トラウマと付き合いHigh and low

海の向こうで咲くハイビスカスよ


外を見定め 風に身任せる

肩の力抜き 狭間で息してる

誰も彼も神の前aに過ぎず

あれもこれもそれも永遠に生きる

今日歌った歌詞

愛されている確信

死ぬ時みんな一緒ひとりぼっち

PM2時に起きて浴びている日差し

やりたくないことをなるべくしない

海の見えないこのベランダで

理想と郷愁を描いた手

we like 天使 握っている鉛筆 常に立てるプランABC this生活 するプレイヤー 時に冷淡 but頭上に曇天 悪魔と天使が交差する上下

boys inthe club girls at the cafe

待つ受け取る以外の生き方を知る

take a pillより日差しを浴びる

環状七号線

uncontrolなeveryday

コロナ

・Zoom飲み会が普通の飲み会となんら変わらず、以降の飲み会が白ける(これはおそらく外れる)

・恋愛人口が増える

ロハスな暮らしへの需要がさらに高まる

・革命を謳う音楽がさらに増える

・なんだかんだ日本は感染拡大せず、終了。安倍政権維持にも繋がるのでは。

 

クレジットカード入手と、自粛が重なった小野は古着屋のサイトを頻繁にチェックしている。そして、写真と英語に興味を示している。

コロナウィルス禍における生活の典型とも言うべきスタイルではないだろうか。

おそらく彼の企みは失敗に終わり、また他の人も同様だ。

「自粛期間に何もできなかった」という事実は人々の脳裏にいかに刻み込まれるか、新人類である私は楽しみでならない。取捨選択の速度が早い人間が勝利を収めるだろう。

 

個人的には今、居心地がいい。