読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 彼は知的欲求の色気に魅了されていた。週5日分×4=の月給を当初、彼は今まで買えなかった洋服や、友人・友人でもない人との付き合いの酒の席に消費してきた。が、2年を経た今、金で買えると分かった瞬間に購入画面のタブを閉じるようになった。五臓六腑無数のニューロンが指令を記憶していた。「なんて商売だなんて商売だ」・・・ふて寝。あらゆる資源は配達され、ダンボールを開いた瞬間に密閉された空気と共にその蠱惑的質感・光沢・芳香は逃げていった。18000円の英字がプリントされたパーカーがこちらを見つめる。

 彼はサラリーマンであり、経済に担保され、加担する身ではあったがそれに関しては割り切っていた。そうでもしないと自身が生きられない身であることは理解しているつもりだった。彼は何より寝ることが好きだったし、寒さ・暑さを何よりも嫌っていた。冷めた弁当を食べると吐いてしまうし、埃に敏感でアレルギーも多い。しかし、彼は風俗と賭け事だけは好きだった。そのどちらも自身に無関心であったからである。権威や階級・体制の仕組みに根ざしたものではない彼のvoidは、文章化もされず、大きな声を張り上げながら官邸前のデモに参加するなどという政治への怒りもなく、故にvoidであった。我思う故にvoidあり。デカルトの「我思う故に、我あり」も彼にとっってはレトリックのギミック以外の何者でもなかった。

 とにかく、経済のプレイヤーであることに退屈し、彼はそれらとは離れた地点にある「知性」を求めたのだ。とりあえず聞いたことのある名前の本を読んでみた。読了した時、彼は本の内容を何も覚えていないことに愕然とした。メモをとりながら再読する事にした。10ヶ月を要した。途中で何度もデリバリーヘルスを頼み、セックスをしながらメモをとったため読めない箇所が何個もあった。それらは涙でさらにぐしゃぐしゃに濡れ、インクは滲み、見えなくなった。映画・音楽にしても同様であった。泣けそうなポイントが訪れたと察知しては用意していた包丁でタマネギをみじん切りにした。みじん切りに集中するあまり、映画・音楽の内容は頭には入ってこず、彼は何度も繰り返し再生し、その結果ハードディスクはぶんぶんと唸り、熱を増し、飴色のタマネギ炒めが皿の上に。彼はそれに醤油をかけ、白飯に乗せて食べることが趣味となってしまった。1週間後には彼もその味に飽き、キムチ・納豆・ネギ、、、様々な具材のアレンジを試みてきたが2ヶ月後、10錠のバファリンを砕いたものと混ぜ合わせ、食してしまい、彼は病院へ搬送され、その趣味も止めた。

 彼は病床にて今後、どのようにするべきか考えた。灰皿はたまっていった。全てに飽き飽きしていた。淡白な病院食、一面の白い壁も最初は新鮮だったが、天井に染みを見つけたから興が醒めた。

 旅行に行こう。

 思い立った。「旅行」という概念に彼は懐疑的であった。場所の移動がなにをもたらすというのか。会社の人間はよく有給でどこそこに行ったなどと話していたが全く魅力的には思えなかった。3日違う所に行ってなにを持ち帰れるというのか。コストパフォーマンス、というものに彼は常に細心の注意を払い、飲み会の席に顔を出す事も少なく、それゆえに友人も少なかった。

 幸い、会社からは長期の休養が言い渡され、貯金もそれなりにあった。行き場所を考えようと思ったが特に当ても無くなぜかロシアになった。

 ロシア出航の前日に彼は倦怠に襲われたがなんとか力を振り絞り羽田まで足を運び、そしてロシアへ行った。

 ロシアは寒かった。なんとなくの安宿を決めて凍えながら街角を歩いた。やがて雪が降ると、彼はしばらく淀んだ空色を仰いだ。冷え冷えとしたロシアの空気は自分に合っているようにも思えた。それなりの憧れからウォッカを嗜み、体の奥がじんじんと暖まってからのことだった。あらゆる音を雪はすぐに飲み込んだ。自分しかこの地球上にいないように思えた。

 2日経って彼は帰国した。ロシアでの経験をしたためたエッセイを書こうと原稿用紙に向き合ってみたがまた、飽きが来てタバコを吸っては時は過ぎていった。くしゃくしゃになった原稿用紙に、煙を吐きながら目をみやりなんとなく手に取った。おもむろにそれを手で破る。ばぁりしゅあばぁりしゅあ。音が部屋に、タバコの煙と共に充満した。はらはらと落ちていく紙の破片は、ロシアの雪を想起させた。彼はずっとその作業をしていたが疲れてやがて眠った。起きると部屋の床は紙の破片でいっぱいになりフローリングの焦げた茶色の出番は無くなっていた。やはり、ロシアのようで彼は少し満足した。

 

友人とyoutube見せ合って終わる遊びの夜は最悪

やあ、こんにちは。今僕がこれを書いているのは午前7時20分。昨日の16時に起きたからそろそろ眠いという訳。でも今日は用事があって午前8時には起きないと行けない。今はGigi MasinのWindというアルバムを聴いているよ。よかったら聴いてみて。


Gigi Masin - Wind [Full Album]

眠いのに眠れないまま午前中に用事があるっていうのは絶望的な気分に苛まれる。就職活動・アルバイトをしていた時はこれのせいで頭がおかしくなりそうだった。こういう時はどんな人間も、友人だろうと全てが憎くてたまらない。申し訳ないね。こちらもギリギリなんで。ばれないように一旦殺しますので・・・。というかなんでいつも僕だけこんな生活リズムバグってるんですか?

 冗談冗談。閑話休題。ここ最近はいつもこういうライフサイクル(16時起床8時就寝)。まあ悪くない、というかいい感じ。昨日は根岸くんとカラオケに行って曲を作ったりしました。その後は疲れたのでミスドで本を読んで帰宅した後、ツイートをしたらそれがきっかけで友人とSNS上でしゃべりました。テキストメッセージは言いたい事の8割も言い切れなくて、興奮で頭に血が上り四方八方を俺が部屋の隅っこで駆け足するという散々な目に・・・。

 最近はよく映画を見ていました。結構自分の考えてることが後押しされるような作品でなおかつそれなりのポピュラリティーを獲得しているもので元気が出ました。

 instagramがこの世から無くなるといいですね。あれはチープな欲望を水道で流してるだけだと思います。し、その下水道が我々の足元を掬います。FUCK!

 引き寄せの法則(言ったら叶うっていう法則)というスピリチュアルめいた言葉があるのですが、あながち間違いでもないなと思います。「芸術のなかで真理を追求する。これは間違った道だ。現実性を出来るだけ熱烈に忠実に研究し、その後で欲するものを作らねばならぬ。」と言ったのはポール・ヴァレリーだったか。結構有名人とか並々ならない努力・下積み時代があったのだ、とか努力がどうのこうのと神話のように語られがちですが、そんなことはなく、ただその時その時で最善の選択だけを心がけてきた、ということではないかと推察します。ミニマムにマキシマムというか。我々もそうすれば良いと思います。

もう3月か 

時々、何かしたりした。発想、というか観点の転換によって、自分の中にルールを設けることでゲームしていくのが良いのでは?無意味なものに価値を付加するという・・・。

 


Better Person - Sentiment (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

高齢者になればなるほど、人生の諦念と強度が高まり、フィクションに感動しないのでは?という話を聞いた。確かに。「はじめてのおつかい」とかがやっぱり泣くらしい。どこかのタイミングでバトンを将来に渡せるといいけれど、出来る気がしないというのが直近の悩み。年下、何考えてるか得体が知れなくて苦手だし・・・。(女性も同様の理由・・・)早く諦められるといいなあ。そんな恣意的なものじゃないと思うけど。なんでヒップホップばっか聴くかって音楽において一番機能的だからなんだよね。頭を使わなくていいし、具体的で生活に応用しやすいから。そういう意味では俺の「はじめてのおつかい」現象はもう始まってる訳なんだけど、それをやるにはまだ早いんですよね。さっき言ったこと矛盾するようだけれど、簡単か難しいかの違いです。じじいになってもマイク握って・・・・!!!!!みたいなMCバトル、よくあるけど正気かよ。

 しゃべらない席が多いんだけど、やっぱり怖く見える気がしますね・・・ちゃんと体力使いながらしゃべる努力をします。だだっ子みたいで気色悪いので。

 俺度を高めることで、モテたい。もはや異性・同性問わず。今の生活が続くと思ったら思考停止だよ、俺は近い内にこのままでは孤独になってしまうんだ。時間がない!俺はせめて緩やかな共同体に貢献していきたいよ。

最近

スケボーがやっぱり楽しいけど、後で撮った映像を見たら自分の運動神経の無さが浮き彫りになったダサさに愕然!

バイトしたりした。やっぱ1年とか持たねーなバイトは。絶対定職に就いた方がいいわ。

留学から帰ってきた友人と遊んだ。

jjj「HIKARI」聴いた。

 素晴らしかった。jjjのサンクラのサムネとかブログの背景は綺麗な景色ばかりだけど、アルバムは、その「美しさ」というものへの信仰、そして美しくない現実に傷を負いながらもそれだけを信じ続ける姿勢を垣間見た気がする。音の異常なまでのカラフルさが何に起因するものかが分かって泣ける。このPVはそういったjjjが探す景色が見えるようでよく曲とフィットしていて、まさにPVだと思う。とても純粋な人だろうと推測する。

 このPVに撮影で参加しているスタジオ石つながりでもう一度恵比寿映像祭に足を運び、「バンコクナイツ」の撮影の際にスタジオ石が撮った40分間の映像を見てきた。4面のプロジェクターがパノラマ的構造に配置され、それぞれの映像のカットのタイミングが違っているので飽きない、タイのアンビエンス的映像はいくらでも見れる程没入の快楽があった。がその風景が写される最中に爆撃音が鳴り響く演出があり、生活の歴史を思わせるはっとする瞬間もあった。まさしくjjjのアルバムと近い点だと思う。

 ビート作りにはまっている。音色などでもっと自分の色が出せればと試行錯誤するのが次の段階かなと。あと楽曲パートの気持ちいい緩急の付け方。

 台湾行くかも。楽しみ。

GANTZ」の映画と「ダブリンの街角」見た。どっちも好きじゃない。特に後者。最近面白い映画全然見てない。し、見れなくなってきた。

 真面目で話がつまらないからtinder切られる・・・。焦る・・・。友人の成功体験を聞く・・・。焦る・・・・。次々みんなからの合格報告、TLで見かけるみたいな気持ちだ・・・。頼む・・・。

 最近はデニーズで籠り続け宅建の勉強をしたり、ビートを作ったりしてて居心地が良い。大体起きるの17時とかだけど、デニーズに行けばコーヒーおかわりカフェインwaveのおかげもあって強制的に色々やれるし、下手しい友人とダラダラするより良い時間の使い方が出来る。

 

 

最近

ジャック・オディアールの「君と歩く世界」を見た。ひたすらな身体の躍動にフォーカスを当てたカメラが、人を愛する、他人と生きるということを示唆してくれた。徹夜でバイト。んもぉ〜 仕事ぶりをほめられた。褒められることが最近?無さ過ぎて無駄に嬉しかった・・・。褒められてぇ〜!その後は友人と渋谷で飲んだ。民法の話が興味深かった。レンズ、という概念はすごいいいな。パースペクティブごとに見える形が違うっていうのは間違いない発想に思えるし、そうすることでより明確にそのものを把握出来る。そうすると生活もしやすくなる気がする。友達の話聞いてあがった・・・俺は考えも論拠も全然整理されてないので、自分の中での線がすーっと見える人は羨ましくなる。

ゴッドタン見て思ったけど「ノリ」を出したいな。

「乃木坂工事中」よかった・・・。「欅って書けない?」よかった・・・。守屋さんの女感が・・・「Keyabingo」よかった・・・。外ロケではしゃいでで若くて・・・。

 翌日は小野と大船。いろいろ動き出した。行け!!!

知り合いの方が恵比寿映像祭に出典するらしいので見てきた。自分と同期する部分が少なからずあって良かった。他の展示もたくさんあったので見てきたが、中でもイラク空爆のデータ(衛星地図に弾道や爆撃箇所、死者数を色のゾーンごとにわけたものが書かれている)が印象的だった。データ・効率化というものの強度に、芸術のなす術のなさを思った。このあまりに無感情なデータがあれば、爆弾を落とせるなと思った。一番届くべきであろう人に届かなさは半ば恐怖と諦念を覚えた。経済が政治を動かす時代から、政治が経済を左右する時代へというあまり根拠のない俺の分析がある。

 とりあえず、自分の身の周りをよくすることを考えます・・・

翌日バイト。恋をした。

 

 

まだそんなとこで疲弊してんのか。

突然ひやっとした発言から始まるブログです。何でも出来る(これは全能感とかではなく、俺個人に限った話でももちろんない)という感覚を友人と共有した。こういうことだけが食事の席においては必要だと思う。

茅ヶ崎に初めて訪れたが、開放感もありかつ施設も揃っていて、ちょっと歩くだけでエリアの雰囲気が変わるのが面白かった。茅ヶ崎らしく、ストリート系のファッションをした人がちゃんと多いのも、よく考えると不思議である。そういう店が多いのだろうか?どういう所からその流れは始まったのだろう。初めて降りる駅は、人の生活とその歴史の想像の余地があって退屈しない。適当に曲を作ったりした。ふらっと遊んでいい感じに充実。

日常会話において、いわゆる「荒らし」みたいなことされるとめちゃくちゃイライラするな。本人に悪気がないケースも多々あるから余計に。普段ヘラヘラしてる癖に、急にもっと自分の人生に真剣になれよ!と怒鳴りたくなる。ごめんなさい。でもヘラヘラはしてるけど、意外とそういう場面では僕はちゃんとしてると思います。守りたい部分があるので。その分外部の効率化の制約においてはすごいルーズですが我ながらいいバランスの取り方ではないでしょうか。

http://bacon-index.tumblr.com/TXT

エムサイさんのブログ、こういうのが海外旅行だな〜と。写真のチョイスもいちいち最高。

最近聴いているもの

「Osmose」Ariel Kalma

 


Ariel kalma - Message 18.10.77

フィールドレコーディング作品が主体のAriel Kalma。思ったより楽器の手数が多いし、コンポジションもしっかりしていてプログレとかの影響がありそう、と思ったらELDONのメンバーだった。

 

 昨日はCQ Crewでライブだった。毎回何を求められてるのかとか思っちゃうけど大して学生に求める大人もいないのでいつも通りのへらへらした空気感でやれた。ハードコアっぽい感じでテンション上がってた。フィーリングが出れば十分かなと。加藤さんはPowerの概念をより理解してるし、そういう人へのアウトプットとしては正解に思う。Powerメンバーそれぞれの武器を連射する感じで笑えた。みんな受けるので、一緒になんでもやりたいっすね。エゴサRTってなんとなく失礼な感じがして、あれですね。ここにきて、やっぱ面白い気がしたのでもうちょっと色々やってみてもいいかもしれないと、今、思いました。音楽って、与えて、かつ残る影響が可視化しづらくて複雑ですね。あと、コミュニティーが狭いのも全然満足できないですね。偉そうですかね?プレイヤーとしての矜持とか全く思ってなくて、普通にって感じなんですけど。


cq crew - sleep,wakeup

 これラップ録り直したらまじでクラシックに成りうるよ、やっぱ。なんかもったいないな!素敵なLIFE通ってやばすぎる。

 石橋くんがカメラ買ってた。人が高い、かつ意味ある買い物してると元気出るね。みんなそれぞれのツールと性向を武器にするといい、し、そういうのがあると創造性を誘発する集団として成立すると考える。Bacon、かっこいいすね。ああいうの、わりと根岸的にも理想に近いんじゃないかな、聞いてないけど。

 他人との関係で現実が生じてくるタイプな気がする。なので人とは今後もコンスタントに会うことを心がける。とはいえ意味ある感じじゃないとあんま行きたくないかも。他人との関係が停滞してるとめちゃくちゃ退屈だし、何かが生まれるとめちゃくちゃテンション上がる。

 せっかくみんないたので、もうちょっと話したかったけど終電でやむなく帰宅。クラブ的なとこ久々に来たけどピンクのフィーリングを感じて最高!となった。あわよくば的なことが起きて欲しくなりすぎて、帰りの電車で小爆発を繰り返してスライムと化す。帰宅してからは友達とへらへらSkypeした。

 ラップってストリートとかじゃなくてかっこいい感じのってあるんですかね?ストリート的な処世術を学んでテンションあがる、みたいなことが結構あって、小社会でのコミュニケーションが他の部分でも適用出来るのが好き。黒沢清の「cure」を見たけど、あれもホラーっていうツールでdiscommunicationを描いてる(と思う)し、仁義なき戦いも別の観点でそれに近い。そういうのが結構醍醐味。ストリートというシチュエーションがあって初めて堂々と言う事が出来るもの、というのがある?のでは?というコンプレックス///

 となってリリックを書くのがフリースタイル的になって自分の気持ち的に難しくなるので、もうちょっと「方法論」みたいなのを考えつつ創作というプロセスに触れようかなと思ってる。 

 

 あと、4月までと4月以降のグラデーションが違いすぎて、毎回全能感と虚無感を行き来して疲れてる。ので、旅行行こうかな、と思った。ちょっと考えます!