最近

もう年末ですね。

お疲れ様でした。年末年始は、何をやってもOKな感じが大好きです。早くじじいになりたい。

最近はなんだか全身が疲れています。ちょっと前まで風邪を引いていたし、寒くなって着る服が重くなったからかもしれません。

--

この前は金曜日から静岡は掛川に行ってきました。掛川でフェスがあったのです。

金曜の夜から出かけるの、すごくいいですね。僕は基本的に土日、12時間以上寝てしまうので誰かと行動を共にするのはいいライフハックに思えてきました。

誰かと行動→付き合う→同棲する→結婚する・・・これかもしれません。今書きながら思いついたのですが、少し興奮しています。

フェスはすごく良かったです。ほとんどのアクトをまともに見ていませんが・・・景色が開けているとこんなに落ち着くんですね。旅行を経て、だいぶ考えが整理されました。今年からはCBDオーガニックをキーワードに行こうと思います。

僕は以前から「貴族の振る舞い」が熱いと考えています。ネット社会・SNS・インターネットゲームに囲まれて生きる私たちに求められるのは貴族の振る舞いなのです。暖炉にあたり、ワインと読書を楽しむ・・・手紙をしたためる・・・こういったことが貴族の振る舞いです。独自のタイム感を確保することでリラックスするのです。オーガニックと貴族の振る舞いにはクロスオーバーする部分があります。

--

なぜかフェスを経て以降、休日まともに外に出ない日々が続いています。

とにかく全身がだるい。今日は6度寝ほどしてしまいました。早く年末にならないかな。疲れた。

 

 

私はこんなに不幸で疲れているのに、あの人たちは何にも気づいていないから楽しそうだ、幸せそうだ→悔しい、悲しい、イライラする

みたいなことを常日頃感じている中流階級の息子娘は多いが、嫌いだ。

なんでそんな浅ましく、人を見下した考えしかできないのだろうか、しかもそういう人間に限って猛烈に何かになりたがったりする。見上げるか見下すかで毎日が過ぎていくのだ。だれだれと知り合いだの、仕事がどうだの、、、。どっちでもいい。

俺が嫌いな人間はこの1種類だ。そういう人間は俺の前じゃ一生幸せになれない。そういう人間に限って、俺をビビらせようとしがちだからまたイラつく。無理に決まっているのに。小動物が精一杯威嚇しているようにしか見えない。どうせいずれみんな同じになるのに、周りの視線や賞賛を獲得するために苦しいことをあれこれ奮闘する様が滑稽でたまらない。とにかく、俺はそういう人間は嫌いだが、見るのは本当に大好きだ。虚栄心の塊!人間かくあるべし!

俺が前述のような人間が嫌いなのは、俺と一緒で自分のことが大好きな癖に、カマトトぶってるbitchだからだ。俺は人と仲良くなるために工作したり、かまそうとしたりしたくない。損得で人間関係を作るやつはろくでもない。

夏から急激に秋になって、尋常じゃないレベルで疲れている。外に出るだけでなんだかとても恐ろしい気分になるのだが、自分は意外にも(?)神経質な人間であることを確認した。

夏が死んだ。夏に聞くための音楽や夏にするための服装は確実にある。秋や冬、春にするための...はあまりない。時がまた過ぎた。死への階段を1つ下ったことが明白だ。ああ、早く年老いて全てやめにしたい。これは別に夏に限ったことではないが...早く年老いて一生をやめたい。 三連休は誰とも会わなかった。こうしてみると、俺のライフスタイルは確実に老人だ。

土:予約していた美容院へ。パーマ、、、。髪質が特殊らしく全員予想外の6時間!隣でtohjiが髪を切っていて時間が歪んだ。そういえば翌日イベントをやるんだった。10代のスターと、2杯目のビールで顔の赤い小さな人、、、。カトーマサカーで一緒にライブをしていたとは思えない差だ。かっこいい服装をしている彼の目の前ではどんな速度で1日が過ぎているのだろうか?退屈や疲労はいつ訪れるのだろうか?

次はライブで会いましょう、、、と心の中で思いながら俺はまだ髪を編んでもらっている。

終わった頃にはクローズになり、そのまま最近入った新人の女の子といつも切ってもらってる人とまたビールを飲む。なんだか全員謎の達成感があった。彼曰く色々課題が見つかったとのこと、、、。新人の女の子は早くパーマをやりたいとまた思ったのだそうだ。店の話や、一緒に切ってくれた人もスキルがあがったやら、俺と他の人の違いやら、商売ということに関していろんな話をした。気づけば吸い殻や空き缶もいっぱいになっていた。とても楽しい夜だった。俺のパーマは彼らの思い出であり、未来でもあるのだ。素敵な人が生きていることに気づけて泣きそうになった。仕事をしていると人に絶望することが多いので、好きなことを仕事にしてそれでも苦い思いもして頑張っている人たちがとても輝いて見えた。

 

日 何もしないと決めている。ビートを作るがここ最近スランプ状態。耳が痛い。新しいプラグインを買おうと思う。仕事をなんとかしなければと思い、苦悶の表情で喫茶店へ。メールを何件も送ったりすると脳が血だらけになるイメージが浮かぶ。ほっておいた仕事のしっぺ返しがここになってきていて、とてもしんどい。全員に無視されたい。なんとか最低限を終えて、サウナへ。ああ、気持ちいい。映画館然り、こういう絶対的にボーッと出来る場所が好きすぎる。

月 何もしないと決めている。15時まで寝る。また仕事に追われだしているので苦悶の表情でルノアールへ。酔いながらメールを片付ける。こんなことを続けているからフリーになれる気がしないが、フリーになれば別に誰にも怒られないし、別にそれはそれでありだなと思い直す。方法は知らない。曲を今日もいじるができない!というかちゃんとやってない!形にする意識がまた飛んでいる!スランプを感じるのでしばらくDAWは放っておくことに。

 

早く人生が終わらないだろうか。そういえばこの国が良くなることはもうないらしい。25分の教習ビデオを見て帰りたい。

俺の周りにはラジオ君と映画君と音楽君がいる。自分だけの世界を作らなければ。

そういえば最近は小説を書くことに興味がある。ミュージシャンは若いのがとても大事だが、小説は年をとればとるほど説得力がまし、暇つぶしにもなり、なんなら大儲けできる可能性が大いにあるからだ。ただ、自分があまり小説を読まないので、近しいところから読んで勉強しようかと思っている。

あっという間の散漫な三連休だった。もっと集中したりしたい。

1週間両親が旅行でいないので、愛犬の面倒を見ねばならず全体的に疲れた。

作業自体は大した苦ではないんだが、常に愛犬が不安がっていてついてくるので気を使う。こういうのは他の場面でもよくある。メールの時の文面を逐一見直したり。こういう雑味みたいなものを無くしたら、いろいろ気持ちよく生きれる気がする。

 

フットサルの予定を寝ぶっちしたら、金銭を要求された。別にいいじゃん!と思ったけど、なんというか基本的に俺はこういう感じで甘やかされて、影で調子乗ってる...というライフスタイルだから、あんまり人からも信用されない。し、モテない気がする(こういうちゃらんぽらんで何考えてるかわからん適当な人を本当にどうしようもないと思うから絶対よね)し、改善をしないと本当に怒られた時痛い目見る気がするからちょっと最近は意識するようにしてる。まじでなんで大学受かってるんだ。

 

というわけで疲れていていろいろ立ちいかない。が、それも今日で終わるので、ご褒美としてハーゲンダッツを2つ食べた。

観れていない新作もようやく観れる。はぁ、疲れた。仕事しなきゃ...

土は寝ぶっちしたフットサルをよそに15時まで寝ていた。夏の土日は15時近く寝ている、、、。これもなんとかしたくて毎回目覚ましかけているのだが、いつのまにか寝ている、、、。全体的になぜここまでだらしないのか本当に不思議だ。

15時からは大船のいつものカフェ(ここは本当最高)で小野と根岸と集合。作業に次ぐ作業...。めんどいメール。趣旨だけで生活したい。女女女。セックスセックスセックス。とにかくなんもしたくない。頭がイッてる。イクイクイク。根岸と大船の初の居酒屋へ。かなり食事が豊富でうまく、安く、雰囲気も良く、とてもよかった!!!また行きたい。

二郎系のラーメンの隣のアダルトショップがタピオカミルクティーになっていた、、、。違うところにも新たなタピオカミルクティーが。この節操のなさこそが大船!!最高の街だ。もう最近の土日はほとんど大船を出ていない。

酔った。内容を覚えていないが、なんかいい話をしたような気もする...。ヒップホップ!最近は曲出したいけどちょっと疲れたな。島田家に泊まる。

 

日曜

昨日までにチェックします!というのを全くチェックしないままぼーっと寝て15時へ。そもそもその件もあ!やりました!と嘘ついたものの尻拭い。いい加減この手のもテンション上下するからやめたい。なんとかなることも多かったから、毎回これやってるんだけど最近はこれがすごく疲れる。

カフェでようやく作業し、終える。終えると気分がいいから、今度からすぐやるとしよう!

サウナへ。かなり気持ちよく...。

酒は毒なんじゃないかという話。最近は自信を持って、日本の価値観を転覆させたい。もう疲れた!ということで酒を飲むのを控える。自信を持って全て破壊したい!

考えとか話したことを記録したくて、YouTuberをやろうかなと少し思う。動画編集もPVを作りたくて興味がある。あといろんなことをマニュアル化して負担を減らしたい。

では。

 

 

「やらなければいけないこと、やっておきたいこと」が無限にあるのだが、全くと言っていいほどそれを実行するエネルギーが無い。

この時期はほぼ毎年そうだった記憶があるので、単純に暑さでやる気が削がれているのだろう。ただでさえないやる気がさらになくなると、単純に 0 だ。全てが騒々しくてたまらない。体裁を保つ気力さえない。今日に限って言えば全く起き上がる気力がわかず、軽く自宅で漏らしさえした。

今こうして自分の現状を文字に起こすことで、自分に本当にやる気がないことが自覚できた。少しは作業もできるかもしれない。ああ、早くジジイになってこの世のあらゆる忖度・損得・競争から制度的に解放されたい。音楽、映画、読書、市役所...あらゆる現実逃避が好きだ。この上なく。

 

現在はファミレスにいるが、それでも「やらなければいけないこと、やっておきたいこと」はできない。この問題に自分は一生戸惑い続けるのだろう。あらゆる場面での権力を放棄したい。あっまいパフェが俺の細胞に染み渡り、恍惚とする。

この前の金曜日は、定時で帰り、地元の二郎系ラーメンで食事をし、地元の銭湯のサウナで呆けていた。これぞ、ただしき傾国の労働者の安心と快楽。なぜ、ここはこんなにも楽しくなく、俺は常に何かに怯えなければならないのか。

免許合宿は、面白かった。何もない田舎の何もない教官に怯え、1日を終われば安堵し、また翌日を迎え、そして試験を合格し、その田舎を去り二度と訪れることはない。今思えば、あれは日本であり、現世だったのかもしれない。

前の会社は、面白かった。何もない田舎の何もない上司に怯え、1日を終われば安堵し、また翌日を迎え、そして会社を辞めた。その会社を去り二度と訪れることはない。今思えば、あれは日本であり、現世だったのかもしれない。

なぜこの社会は「できない」人を決して許さず、断罪することになんの罪悪も覚えないのだろうか。80年代の高度経済成長を引きずっているのかもしれない。快楽、怠慢、余暇...が労働と同一化している。許せない。

3~4年くらい後に留学できないだろうか? 

 

人生、あと40~50年ほど迷い続けて生きていくと考えると本当に気が滅入る。

誰と話しても、音楽を作りたいとしか思わない。もっといいものをなんとか楽して作れないだろうか...

大学受験がそうだったように、友達がいればもう少し色々共有できるもんなんだが、不幸なことに俺に友達はいない。俺のようなやる気がなく、男性的野心が去勢された人間を異性の誰も相手しないだろう。排斥されることもないまま、笑かすそよ風の役割を終えて、完成だ。役に立つのだろうか、そよ風は。全てはそよ風だ..

特に理由もないまま急に絶望に心を奪われている。よくある現象のようで、いつも以上にシリアスな感覚があってとても怖い。梅雨のせいだと思いたいが...何が楽しくて40年も生きなければいけないのか。ここ5年でハッピーだったことなんて一度もない。早く人生が終わってほしい。避けて通れない道を無視して酒に溺れる。

 

みんなごめんなさい

そういって目の前からいなくなってくあの子

残されたものたちはどれほどの苦しみを知るのだろう

元からいなかったみたいに片付けられて真っ白いデスク

はっきりしろって怒号をあげた上司は酒を飲んで真っ赤な顔

一体人はいつ何かを学べるのだろう

何がきっかけで2人は別れるのだろう

若かったで済まされた夕方の感情

すみませんと言うタイミングを決めたあの頃

 

近しい話じゃないです、過労で亡くなった方を思いました

世間世間世間は叫んでるばかり

我々一人一人の生き方はパパラッチ ネズミ講と変わらない 善意を悪意で食いつぶして結局全員死んでいくだけ