読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近

ジャック・オディアールの「君と歩く世界」を見た。ひたすらな身体の躍動にフォーカスを当てたカメラが、人を愛する、他人と生きるということを示唆してくれた。徹夜でバイト。んもぉ〜 仕事ぶりをほめられた。褒められることが最近?無さ過ぎて無駄に嬉しかった・・・。褒められてぇ〜!その後は友人と渋谷で飲んだ。民法の話が興味深かった。レンズ、という概念はすごいいいな。パースペクティブごとに見える形が違うっていうのは間違いない発想に思えるし、そうすることでより明確にそのものを把握出来る。そうすると生活もしやすくなる気がする。友達の話聞いてあがった・・・俺は考えも論拠も全然整理されてないので、自分の中での線がすーっと見える人は羨ましくなる。

ゴッドタン見て思ったけど「ノリ」を出したいな。

「乃木坂工事中」よかった・・・。「欅って書けない?」よかった・・・。守屋さんの女感が・・・「Keyabingo」よかった・・・。外ロケではしゃいでで若くて・・・。

 翌日は小野と大船。いろいろ動き出した。行け!!!

知り合いの方が恵比寿映像祭に出典するらしいので見てきた。自分と同期する部分が少なからずあって良かった。他の展示もたくさんあったので見てきたが、中でもイラク空爆のデータ(衛星地図に弾道や爆撃箇所、死者数を色のゾーンごとにわけたものが書かれている)が印象的だった。データ・効率化というものの強度に、芸術のなす術のなさを思った。このあまりに無感情なデータがあれば、爆弾を落とせるなと思った。一番届くべきであろう人に届かなさは半ば恐怖と諦念を覚えた。経済が政治を動かす時代から、政治が経済を左右する時代へというあまり根拠のない俺の分析がある。

 とりあえず、自分の身の周りをよくすることを考えます・・・

翌日バイト。恋をした。

 

 

まだそんなとこで疲弊してんのか。

突然ひやっとした発言から始まるブログです。何でも出来る(これは全能感とかではなく、俺個人に限った話でももちろんない)という感覚を友人と共有した。こういうことだけが食事の席においては必要だと思う。

茅ヶ崎に初めて訪れたが、開放感もありかつ施設も揃っていて、ちょっと歩くだけでエリアの雰囲気が変わるのが面白かった。茅ヶ崎らしく、ストリート系のファッションをした人がちゃんと多いのも、よく考えると不思議である。そういう店が多いのだろうか?どういう所からその流れは始まったのだろう。初めて降りる駅は、人の生活とその歴史の想像の余地があって退屈しない。適当に曲を作ったりした。ふらっと遊んでいい感じに充実。

日常会話において、いわゆる「荒らし」みたいなことされるとめちゃくちゃイライラするな。本人に悪気がないケースも多々あるから余計に。普段ヘラヘラしてる癖に、急にもっと自分の人生に真剣になれよ!と怒鳴りたくなる。ごめんなさい。でもヘラヘラはしてるけど、意外とそういう場面では僕はちゃんとしてると思います。守りたい部分があるので。その分外部の効率化の制約においてはすごいルーズですが我ながらいいバランスの取り方ではないでしょうか。

http://bacon-index.tumblr.com/TXT

エムサイさんのブログ、こういうのが海外旅行だな〜と。写真のチョイスもいちいち最高。

最近聴いているもの

「Osmose」Ariel Kalma

 


Ariel kalma - Message 18.10.77

フィールドレコーディング作品が主体のAriel Kalma。思ったより楽器の手数が多いし、コンポジションもしっかりしていてプログレとかの影響がありそう、と思ったらELDONのメンバーだった。

 

 昨日はCQ Crewでライブだった。毎回何を求められてるのかとか思っちゃうけど大して学生に求める大人もいないのでいつも通りのへらへらした空気感でやれた。ハードコアっぽい感じでテンション上がってた。フィーリングが出れば十分かなと。加藤さんはPowerの概念をより理解してるし、そういう人へのアウトプットとしては正解に思う。Powerメンバーそれぞれの武器を連射する感じで笑えた。みんな受けるので、一緒になんでもやりたいっすね。エゴサRTってなんとなく失礼な感じがして、あれですね。ここにきて、やっぱ面白い気がしたのでもうちょっと色々やってみてもいいかもしれないと、今、思いました。音楽って、与えて、かつ残る影響が可視化しづらくて複雑ですね。あと、コミュニティーが狭いのも全然満足できないですね。偉そうですかね?プレイヤーとしての矜持とか全く思ってなくて、普通にって感じなんですけど。


cq crew - sleep,wakeup

 これラップ録り直したらまじでクラシックに成りうるよ、やっぱ。なんかもったいないな!素敵なLIFE通ってやばすぎる。

 石橋くんがカメラ買ってた。人が高い、かつ意味ある買い物してると元気出るね。みんなそれぞれのツールと性向を武器にするといい、し、そういうのがあると創造性を誘発する集団として成立すると考える。Bacon、かっこいいすね。ああいうの、わりと根岸的にも理想に近いんじゃないかな、聞いてないけど。

 他人との関係で現実が生じてくるタイプな気がする。なので人とは今後もコンスタントに会うことを心がける。とはいえ意味ある感じじゃないとあんま行きたくないかも。他人との関係が停滞してるとめちゃくちゃ退屈だし、何かが生まれるとめちゃくちゃテンション上がる。

 せっかくみんないたので、もうちょっと話したかったけど終電でやむなく帰宅。クラブ的なとこ久々に来たけどピンクのフィーリングを感じて最高!となった。あわよくば的なことが起きて欲しくなりすぎて、帰りの電車で小爆発を繰り返してスライムと化す。帰宅してからは友達とへらへらSkypeした。

 ラップってストリートとかじゃなくてかっこいい感じのってあるんですかね?ストリート的な処世術を学んでテンションあがる、みたいなことが結構あって、小社会でのコミュニケーションが他の部分でも適用出来るのが好き。黒沢清の「cure」を見たけど、あれもホラーっていうツールでdiscommunicationを描いてる(と思う)し、仁義なき戦いも別の観点でそれに近い。そういうのが結構醍醐味。ストリートというシチュエーションがあって初めて堂々と言う事が出来るもの、というのがある?のでは?というコンプレックス///

 となってリリックを書くのがフリースタイル的になって自分の気持ち的に難しくなるので、もうちょっと「方法論」みたいなのを考えつつ創作というプロセスに触れようかなと思ってる。 

 

 あと、4月までと4月以降のグラデーションが違いすぎて、毎回全能感と虚無感を行き来して疲れてる。ので、旅行行こうかな、と思った。ちょっと考えます!

 

あっという間に2月

あっという間に2月である。アルバイトとその他諸々である。やりたいことが多いが、なかなか手につかず。コミュニケーションというものにフラストレーションが溜まることが多い。疲れる。

 最近聴いているもの

Communions「Blue」目が覚めるギターポップで良い。

Cloud Nothings 「Life Without Sound」目が覚めるギターポップで良い。来日するので行こうかなと少し思う。

以上2件で、バンドやりたいなと。

Syd 「Fin」The Internetの人のソロ。音数少ない感じはバンドのやつでもあったが、よりエレクトリックでトラップ寄り。でも激しさとかはなくてひんやりした官能的なR&Bの様相は保っている。

The XX 「I See You」今までのちょっとナイーヴすぎる世界系っぽい感じから、割と開けたダンスフィーリングのあるポップスで相当好み。

Don Caballero 「American Don」 2000年作のポストロック、マスロック。Battlesのイアンも在籍していたらしい。こういうの好きすぎる。

Kevin Abstract 「American Boyfriend」去年の。去年でた中じゃ一番くらいかも。泣けるR&Bだけど、よりハンドメイド感あってFrank Oceanとかよりそういう意味では好み。

ここまで書いてきたけどありすぎて飽きて止める。

飲み会

飲み会に行った。

胃を痛めながら、友人と合流し、所定の場所へ向かった。着席し、よく話す人とまずは話した。彼は、内気さと人の良さが分かりやすく表情・所作に出ていてとても話しやすい。内定先の会社の話や結婚の話をした。それ相応の苦悩は誰しもやはりあり、そこに必要以上に自分が敏感に反応しているだけのことのようによく思う。し、この読みは恐らく当たっている。

場に座り、酒を頼むと意外にも気分は落ち着き、あまり話したことのない後輩とも話すことも適度な笑いをとることも出来た。鎌倉にカフェを建てたいし、動物の森のように暮らしたいと言ったら笑いながら同意してくれ、みんなと少しだけ幸福を共有出来たように思えた。就職先を使ったギャグには、少し乗れなかったがここの人達はみんないい人だ。粗暴な態度をとったりしないし、人を傷つけないような配慮が出来る。自分なんかよりずっと。結局自分だけが身勝手に(口にはしないものの)誰かと己を区別している。距離を縮める努力すらしないまま。傷つくことだけは真剣にかつ執拗に避けながら。

先生とも話した。先生はジャズが好きだったり、元々俺が活発ではないどこか俯瞰して物思いに耽るような老いた人間なのもあるのか気が合う。卒論について聞いたところ、今までよりずっと良いし、文章を書くのが好きであることが伝わってくると言ってもらえて嬉しかった。そして、そういえば文章を書くのが好きだったと思い出した。全国作文コンクールなんかも入賞していたし、小学生の頃から詩を書いていた。中高の頃はよく人や先生に作家になればいいのにと適当に言われていた。そういった甘美な郷愁を誘い出し、またなんだか自分の鈍りきった頭と不遜な態度が泣けてきた。

酔いも回りながら、卒業生に順番に色紙やら「よくキャップを被っている人」だからキャップやらをもらった。なんだろうこの感じは・・・全然記憶にない。し、欲しているのかどうかもよくわからない。と思って今色紙を見てみたら、あまり話したことはないですが〜、というお決まりの前置きがガンガン色んな人から来ていて自然と一人言で「反吐が出る・・・」とつぶやいた。これは、俺が勝手に空けた距離だし、人生という長期的観点からみて必要だったのかは未だ分からない。これにかかる自分へのコストは未知数だったけど、今日飲み会に来てみて、そこまで避けるものでもないようにも思えた。(とはいえ単純な金銭の問題も大いにあった。2年という短い間ならお金を使うよりたしかに黙っているのも悪くない選択のように思える・・・とすでに括弧の容量を超えながらも現在進行形で過ぎたことを逡巡している。過ぎたのだ。今気付く。逡巡を止める。色紙を棚に閉まった。)

 思えばこういう食事のメニューにしても服にしてもこういったことでも共通する問題だが、どちらかコストパフォーマンスの良い方を選択する、というのがとても苦手で、こういうことを迫られるたびに背中から汗が出る。

 先生は飲み会の最後の挨拶にて、「これから卒業する人達は6年間くらい本当につまらない時間を過ごすから、そこでつまらない人間にならないようにしろ。」と言っていた。友人はともかくとして(というかもちろんというか)、自分は彼とよく一緒にいるからか分からないけれどその場で友人と自分を名指しし、2人はいろいろ考えてるだろうけどと言葉をかけてくれた。自分の生き方に少し背中を押されたような気がして嬉しかったし、喫煙所や他の場所での先生と自分との会話から自分のそういった姿勢が伝わってくれたとしたらこの人に会う意味もあったように思う。先生に後で先生への同意と意見の表明をした。これは一つの小さな、破れてもかまわない約束だ。俺の生き方なのだから。でもたぶん先生の言うように出来た方が俺の幸せだ。

 飲み会自体はそこで終わり、2次会(!)のカラオケに俺の足も向いた、というよりいろんな感情がそちらへ 傾けた。楽しかった・・・。みんないい人達で。彼らの生き方を否定したり揶揄したりすることもある見地でいったら可能だろう。だが、俺にはとても出来ない。し、到底するべきでない。気持ちのよい人達で俺もヒット曲で騒いで歌った。誕生日を祝ってもらっていた。

 帰り道、「また飲もうね。島田くんがあんな楽しそうにしてるの初めて見た!」と言われて、いろいろな言葉をかけてもらった。結局俺なのだ。ナルシストでもなんでもなく。俺が悪い。離れて気付く己の盲目。3次会に行く人達と別れて、電車に揺られなんともいえない申し訳なさを感じながら帰宅した。(残ってもよいと思ったが、翌日朝からバイトなのとお金がなかったため帰った。)帰宅途中いつも歌っている歌は、カラオケと酒でかすれて高い音が出なくて止めた。もらったキャップを俺は被るのだろうか。

 最近、少し距離が離れた人と何人か連絡をとる機会があったが、それは埋まりそうにない距離になってしまったようだ。彼らとも別れの会はしたが。そういうものなのだろう、もう死ぬまで会わないかもしれない。枯れた花束、いつの間にか作った名刺、嬉しそうな悩みの種。立ち止まり、後ろを振り返れば誰もが帰りたい気がするものだ。郷愁に浸かるにはまだ早すぎる。煙といっしょに吐いた。温泉カピバラの誘いを断る。

 ・・・///

何かを知っているかのように話すのは最悪だ。正しさも嘘も無いのだ。見てただけだった全部。

 

2017年1月

2017年1月を終えようとしている。この1ヶ月は、アルバイトと試験に追われていてなかなかゆっくり出来る時がなかった。自分に向き合う時間が無くて、詩もブログも書いてなかった。忙しいとこうなっちゃうのか、と少し落ち込む。ただ自分のキャパシティー的にはこれが限界だったので、やっぱり体力そのものをつけるしかない。

 2017年現時点の目標は、言ったことは全部やること。大抵、年の目標というものは意味を持たないけれど、4年から会社に入る今となっては、俺の言葉には中指の電気が流れている点でまじ。後は具体的な計画を立てること。文字にするとチープだ、イライラする。

 1月を振り返る。卒論にまずは追われていた。しかし、事前に卒論以外の課題を全て済ませていたことが功を奏した。試験やバイトもあり、一時はどうなることかと思ったがさすがはやれば出来る男。1日の半分をデニーズで過ごし、終わらせた。なかなかどうして、一つの仕事に向き合ってこなす時間はどことなく興奮するものがあった。この間はこのこととエロにしか興味がなく、疑似職人と言えよう。このスピード感は今も継続している。就活終わったあたりから、他の人よりなにかにストレスを感じることが少なくなったのもこういった事象故に思う。まじでどうせ大体なんとかなるのだから、みんな「がんばらなきゃ」とか本当に思ってないことは言うものじゃない。別にがんばらなくたって、こういうことはどうせやる。

 卒論を終えた後、休む間もなく、試験対策とアルバイト。なかなかしんどいが3時間も寝ているとなんとかなる。風呂に入らないで寝ると3時間で起きる体の仕組みであることを利用した。賢い動物だ。

 そんなこんなで試験も終えて、上手く行けば今後、あの奴隷船に揺られながらキャンパスへとぼとぼと行くことも無くなる。根岸と久々にフリースタイルをしたり、ジムに行ったり最近聞いた曲を聞いたりして、最後の残り香を吸い込んだ。4年もいるとさすがに愛着が湧いてしまった。こういう情を捨てきれないのは、単なる、何の思慮も無い俺の気弱さだ。この愚鈍さでアルバイト8連勤なのである。このことを教訓とした。

 アルバイトは意外にもそこまで面倒だという感情もないままぼんやりと通った。大学を終えた足でそのまま向かっている。ここでも風呂に入らないで寝る理論を応用。時間に余裕が出来たので、ドラマを何本か見た。

山田孝之カンヌ映画祭」は夏の景色のまばゆさと拍子抜けしたユーモアがテレ東らしくて居心地がよい。バカリズムと放送作家オークラ脚本の「住住」は洒落た感じが若干苦手だけどこれも頭使わなくてぼんやり楽しめたよい。人のちょっとした引っかかりを表現するのが上手い。シェアハウスしたいな・・・

Netflixニック・ケイヴの伝記(?)映画も見た。ロックというフィクションを作る仕事への疲労と、しかしそれでも愛さずにはいられず立ち続ける趣。わりと最近の自身のフィールングと合致して、予想外によかった。

後はyoutubeバナナ炎

16時に女の子を誘ったのだが、いまだ(翌朝4時)に返信が無くて落ち込む。アルバイト前に連絡をして、アルバイト後に駅のホームまでとっておいてこの様。既読がついているのかも怖くて見られない。告白をしたことがある人、どんだけ強靭なメンタルなんだと思ったけれど、愛がそうさせたんですか?人を愛したことが無さ過ぎる・・・。しかし、傷を受けても立ち上がらなくては。今は元通り。喉元過ぎれば熱さ忘れる。

人となにをするのか?と改まって自問自答してしまうと何も出来なくなる。その代わり、深夜に被害妄想の末、咆哮・・・。こんな生活はもううんざりですね、今後はどんどん汚れていきます。欲望だったり、そういった醜い感情をもう少しオープンにしてもいいのかもしれない。僕は元来格好つけたがりなので。にしても人となんらかの形で関わろうとするのはとことん苦手だ。向こうから来て欲しいから、もっと気軽に距離を縮められるような人になりたい。まだまだ伸びしろは大きいですね。

そういえば、この前山田さんに誘われて、水道橋ftariiで即興をやった。友人だらけですごい楽しかったし、雰囲気もよかった。クラブ的なところでやることがまああって、というかライブハウスにしてもなんだけれど「踊れる」という音楽の機能的側面を見せるのが本当に面倒で苦痛だったので、今回はそういうのが全くない、天然のストイックさ、単純な音に対する興味と合奏への興味に則った企画だったのですごい性にあっていた。即興で合奏する行為、こんな楽しいものはない!と思ったほどだった。世辞を言わない友人がすごい感動した、元気が出たと言ってくれたのがとても嬉しかったし、その言葉だけでも音を作ってきて報われたと思えた。自分の即興演奏に関して「外的なストレスを完全にシャットアウトしていた。嫌な音が一つもなかった」という趣旨のことを言っていて、自分は音への信仰はまさにそのようなものだったので、そういう自分なりの態度(よく言う映画館、喫茶店)が空気の振動を通して伝わってくれたのは本当に嬉しかった。

 ついてまわるものをみんな「そういうもの」として諦めたポーズをしたり、したり顔で何か説教めいたことを言うが、そういうものに対してしっかりと中指を立て続けないといけないと思う。もれなくそんなものはくだらないのだから。それも出来ずに愚痴をこぼすのは俺は嫌いだ。

 アルバイト連勤中に面白いことがなにもないのはむかつくので、映画館で「ドクター・ストレンジ」を見た。話自体はまあまあだったけれど、単純な快楽摂取で満足。

友達に赤ちゃんが出来たらこっそり俺の似顔絵のタトゥーを入れる。

愛想笑いには時給3000円と交通費を請求する。

友達がホテルで遊んでいるのを見て、勢いで値段も見ずにAbleonを購入!あとで見たら30000円(予想の2倍)だったけれどいいモノをいいタイミングで買った。満足。

1/4 小野と鎌倉でふらふらした。寒いな。

1/5 久々にバイト。ほとんど寝れなかったけれどなんとか終えた。最近こういうフィジカルもついてきた。自分が好きなものから、友達が離れていくのがたまらず寂しくなるのだがわがままだろうか?会社がどうこうで自分の生活が左右される気が全くしないのだけれど楽観的過ぎるのだろうか?将来、自分1人だけが取り残されるように思えてならない。

今は、自分含めみんな自分のトラウマやポリシーを肴にしているが、10年も経てば結婚制度や雇用制度はそういうものを何事もなかったかのように呑み込み、「それなり」の生活BPMに落ち着いてしまいそうで嫌だ。変わりたくない。ホモソーシャルも退屈だし、無意味に会話するのには俺も飽きているけれど。疲労・眠気・多忙を理由に、何一つ諦めたくないな。そういうのがつまらないことも知ったから。思えば身分証をなんとかごまかして、クラブで遊んだ後そのままバイトに行く男だったよ。めちゃくちゃYouthじゃねえか。くだらないことは後回しにしてきたけど。

1/6 連日バイト。帰宅後、自室で石化。Sadeを聴いて癒される。