読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

http://bacon-index.tumblr.com/TXT

エムサイさんのブログ、こういうのが海外旅行だな〜と。写真のチョイスもいちいち最高。

最近聴いているもの

「Osmose」Ariel Kalma

 


Ariel kalma - Message 18.10.77

フィールドレコーディング作品が主体のAriel Kalma。思ったより楽器の手数が多いし、コンポジションもしっかりしていてプログレとかの影響がありそう、と思ったらELDONのメンバーだった。

 

 昨日はCQ Crewでライブだった。毎回何を求められてるのかとか思っちゃうけど大して学生に求める大人もいないのでいつも通りのへらへらした空気感でやれた。ハードコアっぽい感じでテンション上がってた。フィーリングが出れば十分かなと。加藤さんはPowerの概念をより理解してるし、そういう人へのアウトプットとしては正解に思う。Powerメンバーそれぞれの武器を連射する感じで笑えた。みんな受けるので、一緒になんでもやりたいっすね。エゴサRTってなんとなく失礼な感じがして、あれですね。ここにきて、やっぱ面白い気がしたのでもうちょっと色々やってみてもいいかもしれないと、今、思いました。音楽って、与えて、かつ残る影響が可視化しづらくて複雑ですね。あと、コミュニティーが狭いのも全然満足できないですね。偉そうですかね?プレイヤーとしての矜持とか全く思ってなくて、普通にって感じなんですけど。


cq crew - sleep,wakeup

 これラップ録り直したらまじでクラシックに成りうるよ、やっぱ。なんかもったいないな!素敵なLIFE通ってやばすぎる。

 石橋くんがカメラ買ってた。人が高い、かつ意味ある買い物してると元気出るね。みんなそれぞれのツールと性向を武器にするといい、し、そういうのがあると創造性を誘発する集団として成立すると考える。Bacon、かっこいいすね。ああいうの、わりと根岸的にも理想に近いんじゃないかな、聞いてないけど。

 他人との関係で現実が生じてくるタイプな気がする。なので人とは今後もコンスタントに会うことを心がける。とはいえ意味ある感じじゃないとあんま行きたくないかも。他人との関係が停滞してるとめちゃくちゃ退屈だし、何かが生まれるとめちゃくちゃテンション上がる。

 せっかくみんないたので、もうちょっと話したかったけど終電でやむなく帰宅。クラブ的なとこ久々に来たけどピンクのフィーリングを感じて最高!となった。あわよくば的なことが起きて欲しくなりすぎて、帰りの電車で小爆発を繰り返してスライムと化す。帰宅してからは友達とへらへらSkypeした。

 ラップってストリートとかじゃなくてかっこいい感じのってあるんですかね?ストリート的な処世術を学んでテンションあがる、みたいなことが結構あって、小社会でのコミュニケーションが他の部分でも適用出来るのが好き。黒沢清の「cure」を見たけど、あれもホラーっていうツールでdiscommunicationを描いてる(と思う)し、仁義なき戦いも別の観点でそれに近い。そういうのが結構醍醐味。ストリートというシチュエーションがあって初めて堂々と言う事が出来るもの、というのがある?のでは?というコンプレックス///

 となってリリックを書くのがフリースタイル的になって自分の気持ち的に難しくなるので、もうちょっと「方法論」みたいなのを考えつつ創作というプロセスに触れようかなと思ってる。 

 

 あと、4月までと4月以降のグラデーションが違いすぎて、毎回全能感と虚無感を行き来して疲れてる。ので、旅行行こうかな、と思った。ちょっと考えます!