読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだそんなとこで疲弊してんのか。

突然ひやっとした発言から始まるブログです。何でも出来る(これは全能感とかではなく、俺個人に限った話でももちろんない)という感覚を友人と共有した。こういうことだけが食事の席においては必要だと思う。

茅ヶ崎に初めて訪れたが、開放感もありかつ施設も揃っていて、ちょっと歩くだけでエリアの雰囲気が変わるのが面白かった。茅ヶ崎らしく、ストリート系のファッションをした人がちゃんと多いのも、よく考えると不思議である。そういう店が多いのだろうか?どういう所からその流れは始まったのだろう。初めて降りる駅は、人の生活とその歴史の想像の余地があって退屈しない。適当に曲を作ったりした。ふらっと遊んでいい感じに充実。

日常会話において、いわゆる「荒らし」みたいなことされるとめちゃくちゃイライラするな。本人に悪気がないケースも多々あるから余計に。普段ヘラヘラしてる癖に、急にもっと自分の人生に真剣になれよ!と怒鳴りたくなる。ごめんなさい。でもヘラヘラはしてるけど、意外とそういう場面では僕はちゃんとしてると思います。守りたい部分があるので。その分外部の効率化の制約においてはすごいルーズですが我ながらいいバランスの取り方ではないでしょうか。