セミが鳴いている。

冷房らしい冷房がかかっている。帰ってくると、足が疲れている。もろもろのハナシを見て、キャンプって意外と安いなと思ったけれど、女の子がいないとどうしようもないな。

Tinderマッチ率が最近低く、現実から遮断されているような気分。眠い。デスクトップも部屋もごちゃごちゃしていて気が休まらない。毎日帰ったら全て片付けようと思っているんだけど。人が行動を変えるきっかけとはなんなのだろう?根本的に自分が興味のあることというのはそれに集約される気がする。(卒論のテーマは「反抗の合理性」というものになった)なんとな〜く決めたテーマだったけれど、ある意味自分が学びたいこと、知りたいことというのがそれゆえに浮き出た形にはなったかも。外部と自分というものがあって。音楽というのは、自分にとって外部を完全に拒絶する手段だったと思う。

そういう音楽好きがほとんどだと思うけれど、それがナイーヴさとwetさにまみれている人は多い。それを考えると外部を拒絶するというより、もっと違う人・もしくは自分と似た人とコネクトしようとする手段であったかも。分からない。なぜ、自分がこんなにもこういったエンターテインメントへ嬉々として足を踏み入れていったのか。一人で踊ったり歌ったりするのが大好きで、それって幼年期に一人でウルトラマンごっこばかりしてた時と重なる。(うちは土日に家を出る習慣がなかった。なんかいろんな家庭の雰囲気とか部屋のデザインとかがこういう自己を形成したのかな、フロイトって占いみたい)俺は一人で簡単に気持ち良くなれてしまう。

夏になったが、仕事は続いている。もう少しで長期休みだ。絶対旅行行く!

一昨日はこっちに帰ってきた友達と飲んだ。だ〜あぁはっと帰宅。

昨日は先輩と野球を見に行った。先輩は今まで結婚する気がなかったのだが、社員旅行のハワイで偶然会った人と、一目見た瞬間に結婚すると思ったらしい。その女性は占いでは3年前、「3年後海外で結婚する人に会う」と言われたらしい。そういうこともあるのだから、なんというか捨てたもんじゃない気がしてきた。Tinder再開、しかしマッチなし。本当にここ最近はどうした、バグッてるのか?

夏は新しい人に会いたくなる。

 

人を安心させる方法が金しかないので、レジで金払う時はなるべく店員に財布の中身が見えるようにしてる。

 

友達は、自分の慢心をなんとか打破しようとする。ご愁傷様。

オモコロ面白い。

体にあった作品を欲しているのでたぶん何か見るか読む。音楽聴き過ぎやわ、最近。レッドブルみたいになってる。ゆっくりしたい。

そういえばこの前も言わなきゃ言けないこと、一人でこそこそしてごまかしフォローした。やべ〜。笑 

「〜なの、〜っぽい」という文体が最近twitterで散見されるけど、こんなの散見したらもうおしまいだと思う。

 

そういえば、サンクラが無くなると話題になってたけど無くなればよかったのにな。俺は今あんな有象無象が山ほどいてクオリティーの高低の波を行き来したくはないけれど。digろうとしてる人いるのかな、今。音単体で何か起こるほど世の中余裕がない気がする。俺はワガママプリンセスかよ。

涙を流したり、誰かを思ったりする経験が犬以外にない。