最近

資格試験が終わり、同時に自分の中の陽炎もすっと風がさらっていった試験終了15時。終了後、連絡を済まし、根岸と合流。すぐ飲酒。雨が降って天気も曇りで寒くて人もまばらで。

 同期の友人から電話が来ていて、彼は今から会社に戻るらしい。やっぱりやめるべきだという思いを確認し、今度飲もうと約束した。なんだか妙に泣きそうだった。全て終わった、やりきった、よくがんばった。完全に俺は 糸切れた凧 だった。一つの終わりが誰にも知らされることなく、決定した。採点結果が判明。おそらく不合格。ただ、合格にしろ不合格にしろ、もはや自分には些細な問題であることにすぐ気付く。そういうことなのである。カラオケ後、____ 後、博多ラーメン。完全にもう腐りきった人間のルーティンバケーションである。疲れきって、帰宅就寝。翌日の仕事を怖がる暇もないまま。

 異常に起きるのが面倒だし、雨も降っていたが、ふりしぼって会社。上司2人が午前中にいなくなってくれて本当に助かった。フニャンフニャンしてたら昼。会社の人がピザを頼んで、混ぜて食べさせてもらった。その後もフニャンフニャンしてたらなんとなく帰る時間が来たので帰る。意外と楽に終わったし、みんな適当だしで妙に簡単で気持ち悪くなった。その後は友人と自由が丘の好きな店で飲んだ。同期からも誘われていたが、先に誘った方をとった。自分を誘ってくれる人は少ない。怖がられるし、ノリを合わせられないから・・・。みんないろいろ考えていて、あ〜あとなる。

 休み初日。昼頃起きる。天気悪い。あいかわらず気力が無い。小野と鎌倉で集まる。眠い。根岸も来る。酒飲む。ラジオ録る。往復する。疲れる。ラップする。疲れる。小野と別れる。根岸と日高屋。少し話す。カラオケで自分のラップをrecさせてもらおうと思ったけど上手く出来ず。申し訳ない。眠いまま帰る。なんとなく自分が傲慢に、そして機嫌が悪くなってる気がして申し訳なくなる。録ったラジオを聞く。意外と飽きない。過去を振り返り、現在の欲望を整理したい。

 休み2日目。昼頃起きる。天気悪い。あいかわらず気力が無い。部屋の試験関連のものを排除し、整理整頓。落ち着く。辻堂駅に来るとなんだか毎回感動する。綺麗に設計された駅前ながら人がまばらだからか。他の東京の駅にはない、現実に依存しないフィクション(空虚さ)がある気がする。「猿の惑星 聖戦記」見る。5度ほど泣く。スタバで本読み終わる。いつのまにかまた休日が終わってしまった。時間の無関心な早さに怖くなる。水曜日のダウンタウンに爆笑する。クロちゃん・・・。酔っぱらいたくなる。自暴自棄な泥酔クロちゃんと自身を重ね合わせる。破滅的な、我が、人生よ。まさか、こんなにもすぐに会社回が終わってしまうとは思わなかった。順風満帆に思えたキャリアの最初の挫折であり、これを経てようやく自分がどのように生きるか改めて模索出来る気がする。鈍過ぎて全く考えてなかった。ごめんなさい、私は、普通に人生を終えられそうにない。何らかの技能だったりを身につけないといけないな・・・と今更実感する。普通は無理だ、もう。どうしてかは分からないけれど。休みが明けてまた仕事に行くのが怖いし、胃が痛い。この家を出たい。