今年

今年

お菓子をよく買うようになった。オレオと堅揚げポテトとキャラメルが多い。

AMAZONを使うように、というか使えるようになったがめちゃくちゃ便利。何を言っているのだという感じだが。これがここまで広く普及してるなら硬貨も無くなるのもそう遠い未来ではないように思う。おかげで本を頼めた。

→ブローディガンという作家が好きだ。夢想的だが、その夢自体はグロテスクなまでの無常観に根ざされている。空想が現実に回収されることを知っていて、そのことを諦めているような無常観。連絡が急に無くなり消えていってしまいそうな人が描く作品が好きだ。

TOEICの参考書を買ったので、来年はコンスタントに勉強出来ればと思う・・・どうなるかわからないけれど。働いたことで、時間の有限性に少しは敏感になれた気がする。帰宅すると基本的に足が動かないので、そこから改善していきたい。一生クリア出来ない気持ちの問題と不真面目さ。どうなるのかよくわからない。ここに書いた所で実行したためしがないし、書く意味も無い気がする。

やはり自分は他の人間とどこか違うらしい。コミュニケーションが唐突で、文を省き過ぎたり、断言せずに無駄な情報を付け加えて曖昧にしたり。意識していなかったけれど、こういうものはネットの使い方に準拠している部分があるように思うがどうだろう?この結論付け方がすでに乱暴で、筑紫哲也じゃあるまいし、嫌気が差す。

 ただ、思えば自分や相手の発言をテキストデータとして頭の中で変換し、まさしくLINEやTwitterのようなインターフェースを想像して、その世界観で返したものを音声として発するということは結構多い。というか癖。AVとかもそれで笑ってしまうことがある。主体と客体ではなく、主体と主体というスタンスが自分にはぽっかり欠けている。どこまでも自身が客体でしかない故、ありとあらゆる自身に降り掛かる出来事さえ全く真剣味が無い。生きていて今後いいことがある回数は普通の人は3回くらいなのではないかと会社に入って思う。〜したいと毎日思いながら、何一つ実行に移さないことが本当にもう苦痛で死にたくなる。その点で火曜日に毎回集まる、とかそういう基本的なことから始められたのは良かった。買いたいものは大体揃ったのも。

 出来ることは増えた1年だし、金で経験したいこともだいぶもう済んだし、来年は上手くいくといいな。今年は本当にトラップを中心としてヒップホップばかり聴いていました。僕は自己ベストみたいなものに肯定派なので、そういうものをまた整理出来ればと思います。トラップを聴いていると、5年前には想像しえなかった異形の音楽ムーブメントなので、聴いているだけで嬉しいです。