近況

お疲れ様です。

最近は、、、

2月23日は渋谷wwwで爆音「サウダーヂ」を見ました。自分の住んでいる場所・自分の状況にもかなり似通った空気感を感じました。というか日本に住んでいて少なからずまともな人なら覚える虚しさなんじゃないかな、あれは。

橋口監督の「恋人たち」のセリフ「とっくに全部ぶっ壊れてるんだよ」を思い出しました。

どっちもネズミ講の商売が出てきますね、なんでだろう。

24日はforestlimitでodd eyesのレコ発を見ました。後半すごいよかったな〜ただのハードコアより違うエッセンスが入っているものが好き。あとステージがなくていろんな音楽性が混在しているforestlimitはやっぱりいい!小野が家に泊まっていきました。小野が10000円返してくれてうれしかったです。

 

イベントごとはそのくらいかな。転職コンシェルジュからひどい虐待を受けて土日以外は面接だらけだったし、慣れないことして疲れたし最悪でした。ストレスが尋常じゃなかったです。この前面接した会社の営業の人。ツーブロック過ぎてもはや髪が横に乗っかっていて黒縁メガネの営業の人。シャツのボタンの狭間からドクロ柄の肌着が覗いていて、そのドクロと目があった瞬間、絶望的な感情を抱きました。若干の圧迫面接

 面接落ちてたんですが、フィードバックが遅刻の謝罪がない(これはすみません、というかもはやそもそもその会社に行く気がないのに何故俺は面接なんか行っていたのか)やらマナーがなんやら態度がなんやらなどと言われ深く傷つきました。やめてほしい。マナーがなんやらいうなら髪型や肌着でふざけた個性を出さないでほしい。ああいうコテコテの営業!みたいなのが死ぬほど苦手です。

 ラーメン屋みたいなマチズモ。あり得ない。働きたくない癖に、なんでそういう風になるのか理解出来ない。 他の面接も落ちたりしてるんですが、自信がなさそうとか言われていてこんなのもうセクハラかロボトミー教育かなんかだろうとゆとり世代の私は思うのでした。

だいたい入社8ヶ月で転職しようとしていて、腕力20kgの俺が自信ありそうだったら最悪じゃないですか? 実際自信がないかって言われるとそんなことはなく、むしろ自信のなさを演出して小動物として取り入ってもらおうという卑怯者の末路のような考えが多分にあるんですが、、、というかそういう風にしてたら怒られないってのと怒られても面白いっていう誤った処世術を昔学んだ気がします。あまり良くなさそうなので、今後は普通にデカイ態度で臨もうかなと思うんですがそれはそれで間違いなく失敗しそうだな。too muchにしか生きられないのか俺は。とにかく目上の人に本音で喋るのが苦手らしい。これは改善しなきゃなあ、とか思ったけど本音で喋りでもしたら間違いなく怒られるしもう分からなくなってきた。とりあえず喋り方だけでも改善するようにしよう。

 

 そんなこんなでひどいストレスがかかり、今日も面接だったんですが、全く行く気がせず、インフルエンザということにして休みました。そのあと昼寝していたら前職のリーダーから電話が。ガードレールを破壊した件についてのやり取りでした。最悪すぎる。

いてもたってもいられず、鎌倉のスタバで小野と作業。その後、母親に会いたくなかったので

時間を潰そうと思い、1人で台湾まぜそばブックオフで立ち読み→コンビニ前で飲酒という不良中学生のようなことをして時間を潰していました。ブックオフで立ち読みしていたブルージャイアント(サックス大好きな青年がプロのプレーヤーを目指す話。プロになるためにめちゃくちゃ練習するし、バイトもする。なんなら上京もして仲間を探し、最近はドイツにまで行った。)がめちゃくちゃしみた。