母と父の子

4日前

面接。虎ノ門ヒルズで父と食事。家以外で肉親と会うのがどうも嬉しくてテンションが上がる。帰りは新宿で「彼の見つめる先に」というブラジル映画を観る。しょっぱなが夏休みのプールのシーンでさっきまでの新橋〜新宿までの喧騒から解き放たれる。これだから映画館は好きだ。内容は盲目の男の子が転校生の男の子に恋をするというポリコレ的に低評価をつけづらすぎる作品。いや、普通に青春でとても爽やかな一作でした。

が、盲目の子が裸になって転校生のパーカーを着て自慰行為に耽る描写があり、ここだとなにかロマンティックな感じがするのだが、これを俺が転校生の女の子のパーカーを着てやったらどう考えてもあのシーンはいらない、キモすぎるとなる気がして結局それってなんなのだろうという憶測がよぎった。作品とは関係のない発想だが。

Kevin Abstractを聴きながら帰る。

一昨日

タマンくんに誘われて、タマンくんとバンドをやっているガブリエルさんとその友人一行と代々木公園、下北沢で飲んでいた。

英語でのコミュニケーションに一抹の不安があったが、自分との会話においては全く困らなかったというか困るとかそういうフェーズにすらなかった。冗談の形とかがこれであってるのかは笑ってほしい場面で笑ってくれたけれど不明。海外の動画とかで見てみようかな。英語話者同士の会話はなかなかついていけない。

 根岸が酒explodeやっててなんとなく懐かしかった。

 向井秀徳が自転車に乗ってた。

 終電で帰宅。ラーメンを食べた。雨は降っていたが気持ちのいい日だった。なんなら雨でも降っていた方が自分に合っているというか晴れの日だと何かしなくてはと焦る。

昨日

小野と湘南台のサウナ。その前に彼がスニーカーの付き添いで横浜に連れられたのだがやはり幼稚な都会より呆けたこちらのが落ち着く。かなり長居したが常に最高を更新し続ける。ちびまる子とかサザエさんがやっていて、外気は気持ちのいい寒さで、嫌なことが一つもなく、小学校の頃を思い出した。小学校の時の日曜日は大体塾に行っていて平日よりも早く終わるので、18時台の番組(前述のもの)を見ていた。なんとなく家全体もやはり日曜日は安穏としていて試験などで怒られることもあまりなかったと記憶している。

 全ての音にリヴァーブがかかる。

小野が通信切れてるのに1分に1回スマホ(Twitter)見ててキモすぎると思った。

今日

帰宅してからビート作ってた。昨日の反動からか眠い。バッシュを買った。転職の人と話した。最近は毎日ableton pushのチュートリアルを見ている。もっとやりたいことができる時間はたっぷりあるはずなのでちゃんとする。母と父に育てられて良かった。

休職した友人がSaluの Life Styleをシェアしていた。自分はこの曲に勇気付けられて会社を辞めた。ヒップホップはインディーよりもダンスミュージックの側面、ライフハックという実用の面でかなり機能性が高い。高すぎるあまり最近トラップしか聴いていないので、豊穣でアレンジなど考えられた作品も定期的に摂取している。