(2)

暇だ。

これは実は意図的に暇にしている。好きな人を誘うための土壌を自らで作り上げているのだ。帰路にテラスハウスしか見ないのもそのためだ。ふふふ...

と思っているがストレスの発散方法がなく、早めに帰っても4回自慰行為に耽るのみとなっている。この前などVRのAV、通称VRAV(ヴラヴ)を2作購入。興奮しすぎたあまり坊主になった自分の頭にめちゃくちゃ精子をぶっかける有様だ。カッコいい。なんてリアルなんだ。嘘がまるでない。

当然曲も作っていないし、映画も観ていないし、読書もしていない。本当にただスマホSNSかMCバトルを見ているという、慶應大学2年生になってしまった。足が疲れていて何もする気が起きないのだ。

これは良くないので水面下で何かしなければ。

・筋トレ(プロテイン)

・ヒップホップのポストパンク解釈強化

・O脚および姿勢の矯正

・和訳と勉強

・アナリティクスの勉強

・インテリ文学

を今年の目標にします!

 

会社が楽しくてのんびりしすぎてる..

そういえば営業を達成!よかった

今度はクライアント?に誘われて飲みに行くことに。自分から誘う勇気が全くないので(なぜならそんなことしたところで有言不実行の人間に裏切られて終わるのがオチだから)こういう誘いは本当に嬉しい。誘っても悪い気はしないのかもね...どうせ当日めんどくさくなるんだろうけど...テンションの反射神経だね、要は。反射神経ということは逆に言えば時間とは死神で、愛も友情も悲しみも怒りも偽りだと証明しようと思えばとても簡単なものなのだ。その反論としての芸術かもしれない。カンフル剤。美人なbitchesがお待たせ、と手を振りながらこっちに来ようが背後に死神が見えたら興奮もしないだろう。見えないふりをするかどうかといったところだ。