こんな今でも突発的に死にたくなることはよくある。

どれだけ人に優しくしても意味が無いことや、これ以上人間が生きていても何も考えが改まらない...とか考えた時が一番死にたくなる。

未だに恋愛は抑圧からの反動にしか思えないし、国家は「もうなんでもいいや」という感じらしいのが伝わってきたり、友情も暇つぶしでしかないと思ったり、どんなに謝っても取り返しのつかないことがあったりするのだろう。

許さない、という暴力がこの世からなくなって欲しいと切に願う。それは歩みを止めることではなく... 許すということはきっとみんなできるはずだ。